ノロウィルス感染後のケア方法

ノロウィルス感染後のケア方法

ノロウィルスは、細菌とは違って自力では増殖できず、他の生物の体内に寄生することによって爆発的に増殖をするとても厄介な存在です。体内に侵入したノロウィルスは、6~8時間後には100~1,000倍、24時間後には100万倍に増殖すると言われているので、感染防止には注意を怠らないようにしなければなりません。


しかし、ノロウィルスに感染して発症してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?


ノロウィルスに有効な特効薬は無いので、症状が自然におさまるまで静かに我慢するのが基本となります。通常の場合、1日~2日で症状がおさまる場合が殆どなので、嘔吐や下痢による脱水症状を防ぐために水分補給をしつつ、消化のいいものを食べることも忘れないようにします。


下痢が続くと辛いので、つい下痢止めを飲みたくなりますが、下痢止めを飲むとノロウィルスが体内に残ってしまって回復が遅くなるので下痢止めは飲んではいけません。


また、新たな感染者を増やさないことも大変重要です。感染者の下痢や吐しゃ物には大量のノロウィルスが含まれているので、適切に処理しないと新たな感染者を増やしてしまうことになります。


衣類やタオルなどに付着した下痢や吐しゃ物は、洗濯機で洗濯すると感染を広げてしまうことになるので、ビニール袋などに入れて捨ててしまうことが一番確実です。ノロウィルスは乾燥してしまうと空気中に舞い上がって感染を広げてしまうので、下痢や吐しゃ物はできるだけ早めに処理しなければなりません。


カーペットなど簡単には処分できないものが下痢や吐しゃ物で汚れた場合は、塩素系漂白剤を使って消毒すると効果的です。市販されている塩素系漂白剤を200倍程度の薄めたものを使用します。