ノロウィルスの消毒液の作り方

ノロウィルスの消毒液の作り方

塩素系漂白剤で消毒液を作る

ノロウィルスを消毒するための消毒液を作るには次亜塩素酸ナトリウムを使いますが、次亜塩素酸ナトリウムが手に入りにくい場合は、家庭にある塩素系漂白剤でも簡単に消毒液を作ることができます。


嘔吐物や便が付着した衣類や床やトイレなどの消毒をする場合

この場合は、濃度 0.1%の消毒液で消毒します。まず、500mlの空のペットボトルの中に、ペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤を入れます。ジョウゴを使うとこぼさずに安全に作れます。そして、その中に水を加えて全体を500mlにすると濃度 0.1%の消毒液の出来上がりです。


調理器具やおもちゃなど、直接手で触れる部分の消毒をする場合

この場合は、濃度 0.02%の消毒液で消毒します。2リッターの空のペットボトルの中に、ペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤を入れます。同様にジョウゴを使うとこぼさずに安全に作れます。そして、その中に水を加えて全体を2リッターにすると濃度 0.02%の消毒液の出来上がりです。


どちらの場合も作ってから時間がたつと消毒液としての効力が弱まってくるので、面倒でも消毒の都度、新しく消毒液を作ります。


また、消毒液が皮膚に付着したり目に入ったりすると大変危険なので、ゴム手袋やメガネやゴーグルを使用し、雑巾は使い捨てにしてもいいものを使用します。