ノロウィルス感染症の危険な症状

ノロウィルス感染症の危険な症状

ノロウィルスに感染した場合の潜伏期間(感染してから発症するまでの時間)は、24時間から48時間。その主な症状としては、嘔吐、下痢、吐き気、発熱、腹痛などで、血便が出ることは殆どありません。一般的に、大人では下痢が多く、子どもでは嘔吐の症状が出ることが多いようです。


発熱の場合は高熱が出ることはまれですが、突発的に吐き気が襲ってくる場合があり、嘔吐で衣服や室内を汚染し、ノロウィルス感染症を拡大することに繋がるので注意が必要です。


発症後は、症状が数日続いた後には自然におさまって、後遺症が残ることはありません。しかし、ノロウィルスは感染力が極めて強く、症状がおさまった後でも糞便の中にノロウィルスは排出されるので、感染を拡大しないように厳重な注意が必要です。


また、ノロウィルスに感染しても症状が出ない場合もあるので、日ごろからノロウィルスに感染しないように、感染者情報に注意しつつ、手洗いや消毒などの感染防止対策を怠らないようにします。